HOME>トピックス>香典返しの商品を選ぼう~多く選ばれている商品とは~

香典返しの商品を選ぼう~多く選ばれている商品とは~

香典返し

香典返しのマナーとは

葬儀が終わったら参列してくれた人にお礼の気持ちととして香典返しを送ることになります。そして、マナーとしてできるだけ早く渡す必要があると感じている人が多いのですが、実はそこまで急ぐ必要はありません。もちろん、会葬礼状はできるだけ早く渡すのがマナーですが、香典返しは忌開けの四十九日ごろに送るというのが一般的です。そして、お礼の手紙も添えることも忘れてはならないマナーです。ちなみに、香典返しの金額としては、もらった香典が一万円ほどだとすると半分ほどが一般的で、これを半返しと呼ばれています。そして、一万円以上の場合は三分の一から四分の一程度にすることもあります。半返しにはなりませんが、感謝の気持ちとして送るため失礼にあたりません。

香典返し

予算から商品を選ぶ方法もある

実際に香典返しをするにあたって、半返しが一般的なのですが予算に応じて選ぶことも大切です。商品としては、お菓子やお茶などがオーソドックスですが、タオルやギフト券なども使われることが多いです。昔は、お菓子やお茶など手元に残らないものが良いとされていましたが、現代では日常生活で使えるものなどが取り入れられるようになりました。葬儀屋さんで色ロな商品が用意されていますが、その中で人気になっているのがカタログギフトです。カタログギフトは価格帯別に用意されていて、予算に応じて指定ができるようになっています。そして、相手側がそのカタログにある商品を自由に選べる仕組みになっています。そのため、幅広い人に向けて送ることができるというメリットがあります。そして、より感謝の気持ちを込めた香典返しにすることができます。